老人ホームの種類を知ろう

そもそも老人ホーム(高齢者施設)は「福祉」?「営利」?

老人ホーム(=高齢者施設)は、事業主体に着目して大別すると「福祉施設」と「民間施設」の2つがあります。この2つはそれぞれ重視して いるポイントが異なりますので、まずはその点を理解する必要があります。

 

「福祉施設」は弱者救済の使命で運営

施設の内容を種類別におさえる前に、そもそも「施設」は福祉事業なのか、営利事業なのか考えてみましょう。 「介護」や「高齢者施設」 という文字から、「福祉(非営利)」を連想しがちです。

確かに、高齢者向けの施設には、こうした 「福祉(非営利)」の意味合いで運営されているところがあります。

「福祉施設」とは老人福祉法に基づいて設置された介護保険施設などの公共施設を指します。

「(老人)届祉施設」には弱者救済の使命があり、困っている人を優先して助けていくという責務を背負っていることから、基本的に非営利で運営されます。代表的な施設として「特別養護老人ホーム」、「老人保健施設」、「介護療養型医療施設」、「ケアハウス」などがあります。

ちなみに、「老人福祉施設」に入居する場合、と「入居」ではなく、「入所」と表現します。語感から「自らの選択」というよりも、健康面などを「(やむなく)管理された側面」を感じます。

 

「民閻施設』は営利を優先

一方、「民間施設」は 老人福祉を目的とはするものの、同時に営利を追求しながら運営しています。

事業主体が民間である以上、利益を生み続けなければ事業の継続が不可能だからです。(事業の継続は企業の目的でもあります)

具体的には「介護付き有料老人ホーム」、「サービス付き高齢者向け住宅」などが、「民間施設」に該当します。

なお、「福祉施設」と「民間施設」、どちらが 「良い」かではなく、表面的には似ていても根本な考え方が異なることを認識しておくべきでしょう。

もちろん、民間施設でも福祉的な感覚を備えているところはあるでしょう。けれども、倒産してはどうにもならないため、利益を生まない運営を行うことはできません。

施設選びでは、消費者としての視点が不欠だと認識しましょう。

介護保険利用の可・不可

「高齢者施設」に入居するときは、介護が必要になってくることが多く、介護保険が利用できるか否かも重要な要素になってきます。

介護保険が適用できるサービスには大きく分けて、以下の3つがあります。

  • 居宅サービス:自宅に居ながら介護サービスを受けるサービス
  • 施設サービス:施設で使えるサービス
  • 地域密着型サービス:市区町村に住む利用者を対象としたサービス

 

介護保険施設とは?

「特別養護老人ホーム」、「老人保健施設」、「介護療養型医療施設」の3つの施設は「介護保険施設」と呼ばれています。「介護保険施設」は食費や居住費、日常生活費を除いた介護サービスを受ける際に介護保険が適用されます。

民間施設で介護保険を使用できるのは?

民間施設でも「特定施設入居者生活介護(特定介護)」の事業指定を受けている施設で介護サービスを受けるときは介護保険が適用されます。また、「介護付き有料老人ホーム」などは、特定施設の事業指定を受けている高齢者施設です。

一方で、「住宅型有料老人ホーム」などは、入居後に自宅で介護サービスを受けるときと同じように、個別に介護事業者と介護サービスの契約を締結することになります。

十分な介護サービスが受けられるか?も大事な観点

このように形式もいろいろと異なりますが、多くの高齢者施設では何らかの形で介護保険を利用した介護サービスが受けられます。

施設を選ぶにあたってはその種類を把握することも重要ですが、満足できる介護サービスを受けられるか?も重要な観点となります。

 

トップへ戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました