特別養護老人ホームとは?

要介護3以上が対象で低コストが人気の施設。「特別養護老人ホーム(特養)」は待機者が多く入居が難しいと言われています。その特徴を整理していきましょう。

重度の介護を行うための施設・・・「特養」

 「特別養護老人ホーム(特養)」とは、介護保険制度の施設介護サービス計画に基づいて「入浴」、「排せつ」、「食事」などの介護、「機能訓練」、「安否確認」、「通院の付添い」、「掃除」、「洗濯」、「買い物」などの日常生活上の世話、「健康相談」、「服薬管理」などの健康管理サービス、そして療養上の世話を行う公的な介護保険施設です。

その特徴の最たる点として『入居一時金が不要で、月額料金が安く、終身利用が可能』があり、非常に人気が高い施設です。それだけに待機者も多く、入居までに数年を要するケースも少なくありません。

申し込めるのは(=入居基準は)、原則として要介護3以上です。(地域によっては待機者の少ないところもあり、その場合は要介護1~2でも入居可能なケースもあります)また、認知症にも対応し、看取り対応している施設もあります。

居室は「多床室」(相部屋)、ユニット(10人程度の生活単位)が設定されない「従来型個室」、そしてユニットが設定された「ユニット型個室」があります。ユニット型は1ユニットごとに専用の居住空間と専任の職員を配置することにより、大規模施設でありながら、小規模生活単位の家庭的な雰囲気の中できめ細かやかな介護を受けることが可能となっています。

また、夏祭りや花見などの季節のイベントやレクリエーションが充実している施設が多いことも特徴の一つと言えるでしょう。

入居の順は必要性の高い人から

入居に当たっては、申し込み順ではなく、「必要性の高い申込者」が優先されます。各自治体では「優先入所指針」を作成し、申込者の状況ごとに「優先ポイント」を付けています。「優先入所指針」はホームページなどで公開している自治体が多いので、親御さんの暮らす自治体ではどのようになっているのか、調べることをお勧めします。通常は「要介護3より要介護5の方」が、「介護する家族が身近にいるケースより遠方のケースの方」が優先度が高くなっています。

利用料は要介護度に合わせて日額の「施設サービス費」が決まり、自己負担額も変わってきます。さらに「居住費」、「食費」、「光熱費」、「生活費」が必要ですが、有料老人ホームと比較すると安めであり「おむつ代」なども「施設サービス費」に含まれます。「施設サービス費」は収入によって全体の10%~30%と負担する割合は異なっています。その点で、低所得者でも負担が重くならないように軽減策が用意されていることも高い人気となっている理由と言えます。

特別養護老人ホームの特徴をまとめると・・・

「特別養護老人ホーム(特養)」の特徴をまとめると「常時介護が必要で、在宅での生活が困難な場合に入居できる施設」である、と言えます。

(表1)特別養護老人ホームの特徴
  介護 医療処置安否確認
  〇  △ 〇
 認知症 看取り夫婦入居
  〇  △ ×
運営主体地方自治体・社会福祉法人
入居の対象要介護3以上
入居金の目安不要
月額料金の目安5万円~15万円

まとめ

  • 介護保険で入居できる(比較的低コスト)
  • 対象は要介護3以上(事情によっては要介護1~2も可)
  • 認知症に対応している
  • 看取り対応しているところもある
  • 介護・看護職員の配置は3:1*
  • 個室、多床室(相部屋)がある
  • 全国どこへでも申し込めるが、住民登録している方を優先するところが多い
  • 申し込みは直接施設へ(自治体によっては、役所に申し込むところもある)

 

*介護・看護職員の配置は3:1とは要介護者3名に対して常勤職員が1名と言う意味です。パート勤務者は勤務する時間に応じて計算します。

メニューへ戻る

トップへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました